あやてっくのマイホーム建築日記
悲願のマイホーム建築の模様を記録して行きたいと思います
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様の声(その1)
<会社と担当者の印象>

このブログが桧住建さんのHPの「お客様の声」にリンクされた以上、「桧住建最高!」や「俺の家最高!」見たいな「提灯記事(ブログ)」じゃダメなので、感じた事を実直に書きたいと思います。

…と言っても、無理に悪い所晒す必要も無いんですが…(^-^;)

桧住建さんの対応には本当に満足しています。でも、強いて言うなら…

1、どこまで打ち合わせしたのか、判らなくなった。

これは、桧さんではなく、施主側の問題なのですが…(^-^;)


とにかく、家造りって契約してからもいろいろ決める事が一杯!(外壁・屋根・サッシの色や仕様、床や建具、照明器具、クロスetc…)
その為、打ち合わせを繰り返す訳ですが、回数を重ねる(項目が増える)度にそれが「提案」だったのか「(とりあえず)この仕様で見積り」だったのか「最終決定」なのか訳が判らなくなってしまう事がしばしば(^-^;)


(実際、フローリングは私達が気付かない間に決まっていた…(^-^;))



これはいかんなぁ…(-_-;)と思っていたところ、営業のHさんが確認事項のチェックシートを持っておられるのを見て、それをコピーして頂き、こちらもチェックをする様にしたので、その後この様な事はありませんでした。

この様な確認(連絡)事項って後で「言った、言わない」っていうトラブルが起こり易いと思うので、チェックシートの内容をもう少し細分化して、桧さんと施主両方が持って、打ち合わせの最後に「ここまで確認した」とお互いにチェックし合ったら良いのではないかと思いました。




2、見積り時、仕様を変更した内容をもう少し詳しく説明して欲しかった。
私の家は同時期に施工されていた「JF邸」の様な、柱の周り・家全体を囲んでいた「構造用合板」がありません。(防水シートのみ)


genba_jf_14.jpg

JF邸の工事写真



genba_jf_15.jpg

画像は桧住建さんHPから拝借



うちの場合


090122f05.jpg

この状態から



090128f01.jpg

板は一切貼られず、周りをシートで包んで…



090203f03.jpg

即、吹き付け断熱…


施工途中に「一体何時板貼られるんだろう?」と思っていたのですが、結局そのまま断熱材吹き付け!?
慌ててHさんに聞いたところ「標準なら合板を貼るのですが、あやてっくさん所はコストカットの為構造用合板はありません」との答えが・・・(´~`;)

もう少しの値引きをお願いしたところ、見積りの途中で省かれてしまったみたいです…_| ̄|○



社長曰く「あやてっくさんの所の構造でも建築関係法令をクリアするだけの強度は充分備えています。合板を貼る事で更に強度(耐久性)がUPするというだけで(3割増程度)、気密性・断熱性・遮音性等に違いはありません」との事でしたが、厚さ9mm or 12mmの合板を周囲にぴっちり貼り巡らすんだから、素人が考えても気密性・断熱性・遮音性に差が出るのは歴然。
これが100万~200万も値段が変わるなら諦めもつきますが、今回のコスト・カット分は約30万円という微妙な価格…(-_-;)
今から言っても無駄なんですが、家の基本である躯体部分の事なので、そのぐらいの額ならそのままにしたかったです。

まぁこれも、見積りの時に「前より安くなった~(^_^)」と浮かれて、ちゃんと説明を聞かなかった(求めなかった)私達の責任です。
あの時ちゃんと話聞いてたらなぁ…と思う、今回の建築で一番後悔している点ですね…(-_-;)

以上が桧さんに改善?をお願いしたいところです。
でも、ホント。桧さんの誠実な対応には満足しています(^_^)


どこぞの引越し屋みたいに不快に思う事はありません(^-^;)




次は入居から一ヶ月経った感想を書きます。

スポンサーサイト
お客様の声(その2)
<工務店を選んだ理由>


このブログの最初の方に少し触れていますが、私は3年前に一度マイホーム建築を目指して動いておりました。

最初に見学会に行ったa社の住宅の性能(最新の外張り断熱・高気密&高断熱・耐震強度等)に心奪われた私は、その後半年間でa社を軸に計4社と交渉したのですがその独特の工法ゆえ、結局(と言うか当たり前なんですが(^-^;))、a社と同等の性能&価格を提示出来るところは皆無で、夏頃にはビルダーはa社に決まりって状態でした。

しかし!この頃になると、嫁&私に「本当にこのままa社で建てて良いのだろうか?」という気持ちが日に日に大きくなっていました…(-_-;)

確かに、こちらの提示した間取り(約42坪)で、上記の性能を有し、且つ1800万の予算に収まっている…条件はすべて満たしているにも関わらず、「本当にここで良いのか?」という気持ちが消えない…と言うのも、私はa社の現場に10回以上足を運んだのですが、「仕事が速いけど荒い」という印象が強かったんです。

例えば、前にもここに書いた基礎の配筋の結束のクズなんか、すべて基礎の中に放置。シート上のおびただしい数の錆びたクズを見て絶句しました。

構造見学会で屋根裏に上がった時は本当に目を疑いました。
柱や梁・筋交いの固定に金物を多用するのがここの特徴なのですが、それを止めるネジ釘のほとんどが木材を貫通して10mm程先端が飛び出している!(短いよりマシかもしれませんが…(^-^;))

また、床の構造用合板も柱をかわす切り欠きが滅茶適当(5cm以上隙間が…)だったりとか、休日の現場に行ったら、(作業中ならともかく…)木屑とか放置してあったり…と現場へ行けば行く程そういうアラが目について来て、しまいには『どういう家を建てるか』を考えるより『a社で建てる理由を探す』事にさく時間の方が長くなってしまう程…(-_-;)

この頃はかなりストレスが溜まっていたみたいで、健康診断の胃部検診で引っかかってしまい、胃カメラを飲むはめになっちゃいました…(幸い、胃酸過多で胃が荒れただけでしたが…(^-^;))


で、悩みに悩んでいた頃、行きつけのタイヤ屋さん(タイヤガーデン 安曇川)で、高校の先輩であるHさんにバッタリ再会。

転職して、現在桧住建で営業をしていると聞いて、これまでの経過を話し、悩みを打ち明けたところ、「それなら、一回うちにもプラン出させて」と言われ、分厚いヒアリングブック(家族構成や趣味・嗜好等を書いたアンケート)に記入し、出て来たプランがこれ…(携帯の写真なので見にくいですが)

060822_2030~03001060822_2030~01001



060822_2030~02001060822_2029~02001



もう、見た瞬間



キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




って感じ(笑)
私も嫁も一目見て「この家建てたい!」って思っちゃいました(^_^)、で、その時気が付いたんです!住宅の性能ばかりに目がいってしまい、「自分がどんな家を建てたいのか?」という大事なモノを見失っていた事に。

確かに単純にスペックだけを比較したら、a社の方が上かも知れない…けど、桧住建さんにはそんな事を忘れさせる魅力あるデザインに心を奪われました。(デザインも住宅の性能の一つなんですよね(^_^))

a社の方も「あやてっくさんがコストを気にされていたので普通のデザインにしただけで、うちも同じデザインでやることが出来る。性能を取るか、デザインを取るかの問題です!」と喰い下がって来ましたが、試しに出して来たデザインプランは…(^-^;)

この時点で桧住建さんに決定しました。


諸事情により、このままのデザインでは無いものの、アーチ屋根の新居を建てるべく打ち合わせを重ね、契約書にハンコを押す直前になったところで、隣地の地主が合意した筈の境界線問題を蒸し返して来て(「家を建てるなら裁判を起こす」と脅された)、結局建設は白紙撤回となってしまったのでした…(-_-;)


なので、今回は最初から(以前ご迷惑をお掛けした)桧住建さんで建てようと決めていました!(^_^)
何と言っても、私達夫婦はT田さん(桧住建さんの建築士さん。若い女性の方です)デザインのファンですから(笑)

ただ、小窓や飾り窓が多用されているので、コストが上がってしまうのが難ですが…(^-^;)



今回は間取りや使用する窓の大きさ・形状までこちらから提示したので、前みたいな「T田ism全開」ってデザインにはなりませんでしたが(笑)、屋根の形状等にその片鱗がうかがえます。
あと、気付いた方も居られるかも知れませんが、玄関のアーチ屋根と、多分最後に取り付けられる玄関脇の木格子は、前のデザインをリスペクトしています。(こちら側からお願いしてこのデザインにしてもらいました)

090211f01.jpg

初公開w 完成予定パース図




「人とはちょっと違う家を建てたい」とお考えの方に、桧住建さんは超おすすめです(^_^) (普通の家でも大丈夫ですよ(笑))





長文・駄文にお付き合い頂き、ありがとうございましたm(_ _)m





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。